スピードラーニングで効果なしでもオンライン英会話なら

スピードラーニングは評判が悪い?おすすめする人もいる理由とは?

 

 

スピードラーニングは
 

一小節分の音楽 → 英語の会話 → 日本語訳 

 
これを何パターンも聞く。
 
聞くことで耳が慣れて、聞き取れるようになる。
 
聞き取れるようになったら、話させるようになる?
 
ということです。
 
 
 
上記のパターンが非常に多くて、英語の会話はネイティブな英語なので、日本人が教える英会話教室よりは効果が高いと評判です。
 
しかし、繰り返し聞くだけが堪えられずやめる人も多いのが現実で、「続けれらない」「退屈」「効果がない」などと評判が悪いことにつながっていくようです。
 
 

 
スピードラーニングは基本的に頭がよくて、聞き取ることが得意な人に向いていると思います。
 
ここまでネイティブな英語を聞くことができる教材はないので、その点でおすすめする人が多いのではないでしょうか。
 
しかし、聞き取れるようになったから、話せるようになるとは考えにくいです。
 
頭が良い人はもしかしたら可能かもしれませんが、普通の人は少しでも聞き取れるようになったら、英語で会話する実践をやる方が非常に効果が高いと思います。
 
 
英語で会話して実践を積みませんか?