オンライン英会話比較

オンライン英会話を比較。選ぶ際のポイントは?

急な失費って大打撃です。

 

同期が結婚するんですって。

 

おめでたいことなので、送別会をしようとか贈り物をしようとか、そんなんで、同じ部署の人、同期等皆で割っても2万円が飛んでいきました。。

 

 

 

社会人にもなれば当然ですが、こういうことが頻繁に起こりうる年齢にもなってきました。
 
こんなんだから、習い事にも多額のお金はかけられません。

 

今、習おうと考えている『オンライン英会話』、安さを売りにしているところを一番に選びたいわけではないけれど、でも、安いに越したことはありません。

 

たくさんある中から絞りに絞った3社を比較すると、「DMM英会話」と「NativeCamp」は月額5000円以内で受講できるコースがあります。

 

「Bizmates(ビズメイツ)」はこの倍以上です。
 
うーん、毎月、1万円超えるっていうのはちときついかなと思います。

 

5000円くらいだったら、一度食事に行ったと思えばいいくらいなので続けられそうです。

 

 

 

そうそう、大切なことを忘れてましたが、外国人講師ってどんな人がいるのでしょう。

 

小学校でだって、中学校でだって、苦手な科目をつくる大半は先生に責任があったりするものです。

 

好きな講師がいたら続けて習いたいし、そう思わせてくれるような講師陣を多く用意してくれているところがいいと思っています。

 

特に気になるのはやはり国籍です。

 

ネイティブじゃないと嫌だってわけではなくてもあまりにも偏った同じ国籍の人とばかりでは耳がそちらのアクセントに慣れかねないと思います。
 
この3社のサイトを見て比較すると、2社は特記されていませんが、「DMM英会話」は60か国以上の国籍の講師を備えているとあります。

 

これは良さそう、そして面白そうだな、と興味がわきました!!

 

オンライン英会話を通じで色々な国の人と話せる、それは一石二鳥かもしれません。